バイアグラ 副作用

バイアグラは世界初のED治療薬

バイアグラという名前を知らない人はなかなかいないでしょう。

 

 

バイアグラは1998年にアメリカで発売された、政界で初めてのED治療薬です。

 

 

もともとは狭心症の薬として開発された薬でしたが、EDに効果がある事がわかり夢の薬として発売に至ったのです。

 

 

そしてアメリカで発売されたわずか一年後に日本でも認可がおり、日本で一大ブームを引き起こしたのはまだ記憶に新しいのではないでしょうか。

 

 

このED治療薬の特徴はなんといっても効果が高いという点です。

 

 

有効成分であるシルデナフィルは勃起を阻害する酵素を撃退し、健やかな勃起をサポートしてくれます。

 

 

よく服用すると常に勃起状態が続くというような間違った情報も飛び交っていますが、服用後性的刺激を受けなければ勃起はしませんし、精力剤のような興奮と快感を増強させるような効果はありません。

 

 

また食事の影響を受けやすいのも特徴で、空腹時の服用が推進されています。

 

 

副作用はほてりや頭痛・目の充血などが一般的で、服用した人の8割以上にみられる症状です。

 

 

一時的な物なので特に心配はありませんし、用法容量を守っていればほとんどの場合重篤な副作用は確認されていません。

 

 

しかし禁忌事項が多いのも特徴的なので、常備薬がある場合などは医師の診察を受けてから服用するようにしましょう。