バイアグラ ED治療薬

バイアグラは最もポピュラーなED治療薬

今でこそED治療薬にはさまざまな種類がありますが、元祖はバイアグラだったのです。

 

 

アメリカで1998年1月に販売が開始し、その約1年後に日本にも登場したのです。

 

 

もともとは狭心症の薬として誕生したのですが、のちにEDに効果のあることがわかり、ED治療薬として販売されることになりました。

 

 

バイアグラの主成分はシルデナフィルで、含有量によって25mgと50mgの2タイプに分かれています。

 

 

日本で主に処方されるのは50mgであり、25mgが処方されるケースは少ないです。

 

 

海外では100mgも存在していますが、こちらは日本で処方を受けることはできず、個人輸入代行サイトを利用して取り寄せるしかありません。

 

 

処方を受けるまでの時間はクリニックにもよりますが、5〜15分程度となっています。

 

 

初回は問診などの検査があるのでやや時間がかかりますが、次回以降は5分〜10分くらいで処方を受けて終わりというケースが多いです。

 

 

バイアグラの処方を受けるときは、健康保険証を持参する必要はありません。

 

 

健康保険の使えない自費治療に該当するため、10割自己負担となります。

 

 

1錠あたり1,000円〜1,500円と高価なので、なるべく薬価の安いクリニックで購入するのが賢い方法です。