バイアグラ通販

バイアグラはED治療の革命児です

1998年に世界初のED治療薬としてファイザーより発売されたのが、バイアグラです。

 

 

この医薬品は現在も人気の高い、ED治療薬の代表的な存在なのですが、その登場は勃起不全に悩む方にとってはセンセーショナルなものでした。

 

 

というのは、それまでのED治療と言えば陰茎海綿体注射や陰圧式勃起補助器具を使用したものしか無かったのです。

 

 

こうした従来のED改善方法は、セックスの前に注射をうったり、補助器具にペニスを吸引させたりといった作業が必要で、男性本人に手間がかかる事はもとより、パートナーの女性にとっても雰囲気を損なうものでした。

 

 

そうした状況の中、医薬品を飲むだけで勃起不全を解消出来るバイアグラの登場は大変画期的なものであり、アメリカを中心に多くのEDに悩む男性の熱狂的な支持を受けたのです。

 

 

さて、バイアグラの主成分はシルデナフィルという薬品です。

 

 

この薬品は、もともと狭心症治療薬として研究開発されていたのですが、開発中に被験者に勃起促進効果が見られた為に、勃起不全を治療する医薬品として開発が行われる様になりました。

 

 

このシルデナフィルが勃起不全を解消する仕組みを知るには、ペニスの勃起の仕組みを知る必要があります。

 

ペニスが勃起する仕組み

まず、脳が性的な興奮を覚えると神経を伝ってペニスに信号が伝えられます。

 

 

この信号を受けるとペニス内部で一酸化窒素が増加します。

 

 

一酸化窒素が増加するとcGMPという神経伝達物質が発生し、cGMPが陰茎海綿体の中にある平滑筋を弛緩させる事により血液がペニスに流れ込み勃起が起こるのです。

 

 

これらの仕組みの中で、cGMPという神経伝達物質はペニスの勃起には欠かせない重要な物質なのですが、年齢と共に生成量が少なくなる事がわかっています。

 

 

一方、このcGMPを破壊して勃起を収める働きをするPDE5という酵素があるのですが、PDE5は加齢による減少は起こらないので、少なくなったcGMPはPDE5の影響を受けてその力を発揮出来ない状態になってしまいます。

 

 

これが、加齢によって引き起こされるEDの仕組みです。

 

 

バイアグラはこの仕組みに注目して作られています。

 

 

主成分のシルデナフィルは、このPDE5の働きを阻害する効果があり、生成量の少なくなったcGMPの血中濃度が高まるのを補助してくれるのです。

 

 

こうした仕組みは、精力剤等とは全く違ったものであり、性的な興奮を脳に与える媚薬の様なものとも全く違うものになります。

 

 

バイアグラは科学的根拠を持つ、優れた医薬品なのです。

 

ED治療薬の先駆けバイアグラ通販

バイアグラというのは1998年にアメリカ合衆国で販売されるようになった世界で初めてのED治療薬なのです。

 

 

ED治療薬というと加齢などで引き起こされる勃起不全(ED)を改善させてくれる薬として発売された当初は世界中で騒がれることになりました。

 

 

当時は「夢の医薬品」とも呼ばれており、厚生省でまだ認可されていなかったものの日本でも個人輸入代行によって利用していた男性も少なくありません。

 

 

日本でも認可されたのは1999年とスピード審査によって認可されたのです。

 

 

この有効成分はシルデナフィルクエン酸塩と呼ばれるものです。

 

 

この成分を服用することによって、血管を拡張させます。

 

 

血管が拡がることで血流量が増加するのです。

 

 

それが陰茎で起こることで勃起を促すわけです。

 

 

つまりは、決して陰茎のみに作用するわけではありません。

 

 

そもそもはバイアグラは肺動脈性肺高血圧症の治療薬として研究開発されてきたのです。

 

 

その臨床実験の過程で陰茎にも作用することがわかり今ではED治療薬の先駆けであり代表的な医薬品となりました。

 

全世界の人に愛されている勃起不全治療薬

当然、血管に作用するため、すべての男性が服用できるわけではありません。

 

 

不整脈や網膜組織変性症・心筋梗塞・脳梗塞などの血管に関わる病気に患った男性は、服用が禁止あるいは条件的な使用となっているのです。

 

 

他にも副作用があります。

 

 

健康で薬を併用していない男性でも、服用すると顔のほてり、頭痛・動機・鼻づまりなどの症状ができることが報告されています。

 

 

ただ、これらは9割以上つまりほとんどの男性なら普通に現れる症状であり、その症状も軽度であることがほとんどです。

 

 

そのため、過度な心配をする必要はありませんが、念のため服用して重度な症状、長期間に亘って症状が治まらないときは医師に相談することが重要となってきます。

 

 

現在では、バイアグラとは別にレビトラとシアリスと呼ばれるED治療薬も製造販売されています。

 

 

レビトラは塩酸パルデナフィル水和物、シアリスはタダラフィルが有効成分となっており、大体バイアグラのシルデナフィルクエン酸塩のこの3つの有効成分がED治療薬となっています。

 

 

その他にもED治療薬は存在していますが、その多くはこの有効成分が同じであるジェネリック医薬品なのです。

 

 

数多くのED治療薬が登場していますが、現在でもバイアグラを愛用し続けている男性が非常に多いのです。

 

 

そのため、ED治療薬の代表格とも言える存在となっています。